ポチッとな−8 本文へジャンプ
「今日から日記をつけるぞ!」 と一念発起して・・・頓挫。 そんなことを繰り返しに
繰り返し早や数十年(^^;) そこで思いついたのがウェブ日記。 
「誰かが見てるかも」 という自意識が、三日目に訪れてくる坊主を足止めしてくれるかも…そんな不純な理由もちょっとあります。
 毎日の更新なんて とんでもありませんが、ここでは、塾から離れた私個人の他愛もない日常や心のつぶやきなどを綴っていこうと思います。
 よろしければ、たまにポチッと訪ねてみてください(^^)/

   
 『この世界の片隅に』
2017/04/02
 
  『この世界の片隅に』
というタイトルに惹かれ、久しぶりにアニメ映画を観てきました。 
 時代は昭和20年頃。
 戦争という名の得体の知れない生き物が、全ての人に壮絶な人生を押しつけていた時代。
 テーマは、「“普通”であることの価値」…それを求めて私も映画を観に行ったような気がします。
 でも、知らず知らずのうちに、「普通グルメ」になってしまっていたのか、この作品は 思ったよりも味が濃くて、ちょっと胸焼けを起こしました。
 自分が満足できる薄味ってどんなんだろう…自分でもよく分かりません。
 でも、イヤミなグルメ野郎にならないようにだけは気を付けなくてはいけませんね    

   
   第3次世界大戦?       2016/11/04 
 右の写真は、混迷が続くシリアの紛争により傷ついた子どもたち。
 胸が痛みます。
 妻は、毎日CNNやアルジャジーラなどの海外ニュースを見ているので、私もいつのまにか 海外ニュースを見るようになりました。
 そこには、日本では報道されないようなニュースが満載。
 そこで目についたのが、
「ロシア人の半分が、第3次世界大戦が起こると心配している」
という世論調査が発表されたという記事。
 ご存知のように、ロシアとイランはアサド政権を支持しており、アメリカ・欧州・サウジ・トルコなどは反アサドを指示しており、それはあたかも朝鮮戦争やベトナム戦争のように、アメリカとロシアの代理戦争のようです。
 代理ということは、直接は戦わないということ・・・直接戦えばどうなるか2国とも分かっているわけです。
 ところが今回、ロシアはついに、シリア海軍基地に地対空ミサイルS300を配備したというのです。
 でも よく考えると、反アサド軍は航空戦力を持っていません。
 つまり、これは反アサド軍と戦うための武器ではなく、アメリカ軍の飛行機を直接撃ち落とすための武器だということです。
 今回も、ピーター少年の
「お〜い、狼が来たぞ〜」
がウソであってくれれば良いのですが。。。
 

   
 2016/08/31 日比観音  
   8月の授業が全て終わり、骨休めに妻と 少しお出かけしてきました。
 途中、目に留まったのが、三ヶ根山 山頂近くにある「日比観音」なる銅像。
 日比とは、日本とフィリピンの意味。
 先の戦争における激戦地フィリピンにおける戦没者の魂の安寧を願って建てられたものらしいです。
 そのすぐ近くには、東京裁判でA級戦犯として死刑の憂き目にあった方々の「殉国七士廟」もあり、しばし頭を垂れて来ました。
 まだまだ残暑は厳しいものの、山頂では赤とんぼがスイスイと涼しげに飛び回っていました。
 「また、この季節が終わったんだなぁ・・・」
色んな意味で感無量でした。  

   
   2016/08/07 日本のメディア
  日本のメディアの公平性や独立性は先進国の中でも極めて低いと言われるので、私は海外メディアの報道も なるべく見るようにしています。
 そんな中、昨日はビックリ。
 アメリカのニュース専門番組 CNNでも 世界的に評価が高い中東メディアの アルジャジーラでも、
「軍艦を含む中国船203艘が、日本の尖閣諸島海域に領海侵犯した」
として、
「局地戦の緊張が高まっている」
と大々的に報じているのに、日本のメディアは ほとんどとりあげていません。
 「中国が 日本に対して そこまで極端なことするわけないよね〜」
って思ってるんでしょうか。
 それとも、
「尖閣ぐらい 中国にあげても良いんじゃない?」
って思ってるんでしょうか?
 いずれにしても、日本のメディア、緊張感なさすぎです。。。 
 

2016/08/06 広島とオリンピック
 昨日は広島原爆の日だったのですが、オリンピックの開催日と重なったせいで、マスコミの扱いが手薄くなってしまったのは残念でした。
 核に限らず、そもそも武器って、誰も持っていなければ、みんなが安心して暮らせるはずなのに、一部の人間だけが持っていると、急に緊張とリスクが高まり、反対に、自分だけ持っていれば、かなり自分にとって都合が良いことができそうです。
 将来、いつの時代にか、
「せ〜の!」
で、皆で一斉に核を廃絶し、核のない世の中を実現した・・・はずが、IS(イスラム国)のようなテロリストが核を隠し持っていたとしたら、貝殻を無くしたヤドカリとなった国々はどうするんでしょうねぇ。。。
「せ〜の!」
で、安心して核廃絶ができるテクノロジーが開発される日が来るのでしょうか
 

   
 2016/07/16 退屈しない地域  
   暴力団抗争か、はたまた 麻薬における金銭トラブルか・・・元暴力団員射殺事件で一躍有名になった名古屋市中区のビルは、私の部屋から斜め下に見えます。
 今の場所に住み始めて もうかなり長いですが、夜中に怒鳴り声やら叫び声が聞こえてくるぐらいのことは日常茶飯事。近所で起きた殺人事件だって これで3回目です・・・そういえば先月は、向かい側のビルで、痴話ゲンカの末、ビルの屋上から飛び降りようとした女の人が居たそうな。警察が階下に大きな空気マットを広げていたそうです(妻の話)。
 暴力団の抗争事件などがあると、ニュースでは、
「近隣の人々は不安で眠れない夜を過ごしています」
などと解説が入りますが、少なくとも この辺りに住んでいる人たちは もうちょっと図太いようです。。。ある意味 退屈しない地域と言えるのかもしれません。

   
   大切なもの♪ 2016/06/9
  中学生たちが、毎晩10時過ぎまで 頑張っていきます。
 4月の終わりには 少し眠たそうな顔をしている子も居ましたが、今では そんな顔は全く見なくなりました。
 みんな元気。
 勉強だって、真剣にやれば、輝く青春の1ページになるはず。
 後になって
「あの頃、あれだけ頑張ったんだよな」
と思うような 勉強をして欲しいと切に願っています。
 たまに若い人たちの元気な歌が聴きたくなります。
 右は、今の若い人たちにすると、懐メロになってしまうのかもしれませんが、、私にしてみると、最近の若者が謳う元気が出る歌。少々 音程が外れたって、そんなことはどうでもよいのです。。。  
 
   
 想像力 2016/05/27  
   現役アメリカ大統領の広島訪問が実現しました。
 「この人は俳優か」と思うほど、雰囲気のあるスピーチでしたが、それはともかく、私が最も心を動かされた部分が、
 「・・・子供達の笑顔、愛する人との優しい触れ合い、両親からの優しい抱擁、そういった素晴らしい瞬間が、71年前のこの場所にもありました」
という部分。
 その人の歩んできた歴史や家族にまで思いを馳せるとき、誰もがその人を傷つけることを思いとどまります。
 想像力・・・きっと人間だけが持ち得る 平和への力なんでしょうね。。。 

   
   2016/05/22 ホッと一息
 長らく日記をご無沙汰してしまいました。
 この間、下の写真がトップにあったので、当塾に興味をもって訪れてくれた方は、ひいてしまったでしょうねぇ・・・
 何はともあれ、中学生クラス開講以来ずっと走り続けてきた感が私の中にはあるのですが、ようやく 初めての定期テスト(中間テスト)が昨日で終わりました。
 私も日々ドキドキする毎日で
「あぁ、中学生の子どもを預かるって こういう気持ちなんだ」
ということを身をもって感じました。
 普段は缶コーヒーなど買うこともない私ですが、今日はなんとなく ホッと一息つきたくなって自販機にコインを投入。
 「あれ?メディアのイメージ戦略にハマッてるなオレ」
と こんな時でも 要らぬ自己分析をしてしまうのは悪い癖・・・なのでしょうね。
 もっと素直にコーヒー飲めんのか!って、もう1人の自分が言ってます。。。   
 


   
  ♪MY LOVE 2016/03/26
 今年度の授業も残りわずかとなり、長く見守ってきた6年生が卒業していきます。
 4月から中学生コースを開設することにし、有り難いことに多くの子どもたちが続けて通ってくれると言ってくれているのに、やはり1人でも離れていくのは どうにも 寂しくて仕方ありません。
 人生を季節にたとえて
「青春・朱夏・白秋・玄冬」
などと表しますが、おそらく私の年令は白秋の時期。
 白という字はついていますが、散りゆく前の 鮮やかな紅葉を毎日見ているような気分になります。。。桜の季節なんだけどなぁ・・・ 
 卒業していく子どもたち、素晴らしい人生を歩いていって欲しいと心から願っています。
 

   
   広島 中三 自殺報道に考える 2016/03/9 
    また子どもの自殺報道がありました。
 いつものごとくメディアからは、学校側に対する一 斉攻撃です。
 万引きの冤罪で高校の推薦を取り消しされた・・・大きなショックだったに違いありません。
 でも、私は思います。
 「これは 死ぬほどのことだったか」
 誰かが言うでしょう。
 当人でなければ、その苦しさは分からないと。
 その通りでしょう。
 しかし、一体どれだけの人が、
 「こんなミスをされたら 誰だって死にたくなるよなぁ」
と思うのでしょう。
 無理矢理な解釈かもしれませんが、この子の死を無駄にしないためには、私たち親や教師は、もっともっと心の強い子を育てねばなりませんね。

   
育ての親
     2016/02/29
 
   義父が 長い人生に終止符を打ちました。
 妻にとっては育ての親。 自分の誕生日も 年令でさえ よく分からない・・・そんな出自の人でした。 日本では想像もつきませんが、さぞ過酷な幼少期を送ってきたんだと思います。
 若い頃は、旧大統領マルコス派要人の運転手として、どんな道も知り尽くし、敵方に掴まって 拷問を受けても 口を割らないということで信用されていた、そんな義父の体には、その時の傷跡が残っていました。
 フィリピン語で、お父さんのことを tatayと言います。
 We miss you、Tatay.
 
 フィリピン語しか 分からない義父でしたが、この言葉なら 分かってもらえるんではないかと思います。   

   
 これからブームか・・・   2016/02/25  
   左は、今 塾の子どもたちの間で流行始めているリズムネタ。
 ネタというより、ほとんど ど真ん中を狙ってますね、これ。 少なくとも、ラッスンゴレライより だいぶ 洗練されています。
 歌って踊るは、お笑いコンビのオリエンタルラジオさん。
 でも、♪I 'm a perfect human. の部分が、どことなく ♪オッパ ガンナム スタイル とダブりますが、そこはご愛嬌。
 ラッスンゴレライは、子どもたちも 振り付きでよく踊っていましたが、このキレッキレさは、なかなか真似できないだろうなぁ・・・  

   
   バレンタインデー               2016/02/14
 今日はバレンタインデー。
 当然のことながら、この年になると もしかしたら・・・っていう緊張感など 微塵もありませんが、子どもたちにとっては 今もそれなりに 意識するものらしく、見ていて微笑ましいこと この上ないです。
 ふり返って30年ほど前、妻と最初に観に行った映画が “TOP GUN” という映画で、その帰りに チョコをもらったような記憶がうっすらとあります(違ったかな?)
  右は、その映画のエンディングに使われていた ふる〜い曲。
 なめらかな男性ボーカルの声が郷愁を誘います。 
 

   
 観音様  2016/02/10  
    武道クラスでは、毎年この時期には『般若心経』の暗唱(?)を行います。
 その中に出てくる“観自在菩薩”とは、観音様のこと。
 観音様は36変化で、時には良い見本として、時には悪い見本として人々の前に現れ、私たちを救おうとしてくれるそうです。
 さて、清原選手の覚醒剤関連ニュースで、左の人がワイドショーなどで採りあげられました。なんでも、現役時代、この人が清原選手に覚醒剤を横流ししていたとか(左の写真がジャイアンツのおさえのピッチャーとして活躍していた頃、右は現在)。
 テレビでは、ビールの空き缶やマンガが散乱している部屋の様子も映しだされていました。
 今は当時の面影も見てとれませんが、きっとこの人も子どもの頃は
「将来はプロ野球選手になる!」
と瞳を輝かせてきた野球少年だったに違いありません。厳しい練習にも耐えてきたことでしょう。
 なのに これは一体どういうことなのか・・・
 きっと観音様が、私たち親や教師に対して、
「いいか。いくら子どもが夢中になっているからといって、野球だけをさせておくような子育てはいけないぞ」
と言っているように思えます。
 スポーツに限らず勉強もしかりです。
 私は、子どもが1つのことに集中するために 親がその他のことを全てやってやる状況を見ると、ただひたすら食べて太っていくブロイラーを想像してしまいます。
 やはり、やらせるべきことは やらせ、教えるべきことは教えるのが、親や教師の勤めだと改めて感じました。
 
   再び『仁』 2016/01/28
 4月から中学生を受け入れます。 
 中学っていう時期は、人生の中で もっとも不安定な時期かもって思います。
 不登校・いじめ・自殺などの数字では、小中高校生の中で、全て中学生が飛び抜けています。
 そんな時期だからこそ、熱い生き方を自らに望むようであって欲しいと心から願います。
 「人生、意気に感ず」
と申しますが、熱い気持ちこそが、心の危機から自らを守り、勇気を与え、これからの人生に彩りを添えてくれます。
 中学生って、どんなお話に感動してくれるんでしょう?
 中学生って、どんな生き方を自らの糧としてくれるんでしょう?
 最近、暇を見つけては 改めてテレビドラマを見まくっています。『海猿』もいいなぁ・・・でも、『仁』もいいし・・・
 それにしても、仁のテーマ曲、何度聴いても 心に染みます。。。 
 

   
  またかいな成人式 2016/01/12 
 昨日の成人式、一部でまた ヤンチャをする輩があったんですねぇ。。。今朝、ニュースで知りました。なんだか昔の中学の卒業式みたいです。
 しかし、私が驚くのは
「後でちゃんと謝ったんだし、若さゆえの行動だから大目にみてやればいい」
という意見が案外多いらしいこと。
 それなら、いっそのこと “成人式” という名前なんかやめてしまって、“成人祭り”にしてしまえばいいと私は思います。
 子どもたち(新成人)は、同窓会の感覚で集まるのですから、式典なんて全く興味がないのは よく分かります。 ど派手な格好も、まぁ いいでしょう。
 しかし、官公主導の行事を妨害するなら、やはり公務執行妨害です。
 若気の至りでも何でも構わないので、官庁側は
「若者達よ、羽目をはずしたい気持ちはよく分かるよ」
と、ニッコリしながら、
「でも、こちらは 許すわけにはいかないんだよ」
と、粛々と 罰を与えれば良いと思います。
 そうですねぇ、次の成人式まで留置場に居てもらうってのは、どうでしょうか(^^) 
 

   
 2016/01/11 CREED  
   やっぱり観てきました 『CREED』。
 タイトルから「ロッキー」という言葉を外したのはこの映画が初めてですが、映画の作りは やはりロッキーでした(^^;)
 最初だけ観れば、最後まで見通せてしまうストーリーではありますが それはそれ。
 ロッキーでは、盛り上がる場面よりも 静かに進行するシーンが私は好きです。
 左の曲は、そんなロッキーのサウンドラックから。
 どなたが弾いているのか存じませんが、うちのネコも 私の横で 聴き入っていました。 

   
   2016/01/10  With you ♪
  年末から今日まで、塾がお休みの日には夜の仕事があり、夜の仕事がない時は塾がありで、明日は久々に 両方お休みの日。
 右の曲は、Chris Brown の “ With You ”のカバー。
 With You は、以前 用心棒をしていたクラブのラストにいつもかかっていた曲。
 今夜は たまたま ラジオで聴き、懐かしくなって You Tubeで見つけたカバー・・・ 雰囲気的に韓国のアーチストかな?すごく お上手です。
 さて、明日は 久々に妻と 映画を観に行く予定。
 やっぱ ロッキーかな・・・あ、タイトルは「CREED(クリード)」でした。 
 

   
   2016/01/9 
    Shape of my heart
  今年に入って、今日が初めての日記更新となってしまいました。
 皆さん、明けましておめでとうございます。
 私の年令になると、忙しいことは あまり自慢になりません。
 むしろ、時間に余裕があってこそ 仕事上手・・・ということなのでしょうが、どうにも 私には まだ 遠い課題のようです。
 時間に追われ、気持ちに余裕がなくなると、どうしても音楽が聴きたくなるのですが、今年に入って、気持ちが自然に求めるのは たまたま男性ボーカリストのグループ。
 右の曲は、お馴染み バックストリートボーイズの名曲。
 歌詞はともかく、きれいなハモりは なんだか気持ちをすっきりさせてくれます。
 

HOME