web日記 ポチッとな  2013/11/16〜 本文へジャンプ
「今日から日記をつけるぞ!」 と一念発起して・・・頓挫。 そんなことを繰り返しに繰り返し早や数十年(^^;)
そこで思いついたのがウェブ日記。
 「誰かが見てるかも」 という自意識が、三日目に訪れてくる坊主を足止めしてくれるかも…そんな不純な理由もちょっとあります。
 毎日の更新なんて とんでもありませんが、ここでは 読書録を中心に、塾から離れた私個人の他愛もない日常や好きな言葉、心のつぶやきなどを綴っていこうと思います。
 語りかけの口調だったり 独り言だったり、その時々の気分で書いていますので、もしかしたら読みにくいかもしれませんが、よろしければ、たまにポチッと訪ねてみてください(^^)/
     
子どもの勉強時間
 「今月のおたより」より

        
 
  昔も今も 物分かりの良い大人は居るもので、
「子どもたちは、朝から晩まで 学校で勉強やってきてるんだから、家ではノンビリさせてやればいいじゃないか」と言います。
 でも、子どもたちって 本当に学校で そんなに勉強しているのでしょうか?実際にどれくらい勉強しているのか ちょっと調べてみたいと思います。

 授業数が増える小学校4年生以上になると年間授業数は945コマです。
 1コマの授業は45分ですから、総時間数に直すと年間709時間になります。これだけでは 多いのか少ないのか まだわかりませんね。
 さて、ここでゲームの時間を見てみたいと思います。ゲーム好きな子は毎日でもやりたいでしょうから、かりに毎日2時間やったとすると、その時点で年間730時間となり、授業よりもゲームの時間の方が長くなってしまいます。
 ここでさらに、国語・算数・理科・社会の主要教科だけに絞って見てみますと、年間授業数は520コマと さらに少なくなります。
 時間に直すと、年間390時間。1日平均にすると、たったの1時間5分。家でぼんやりテレビを観たり、ゲームをやっていれば、1時間5分など あっという間です。朝早くから夕方まで学校に居て たったのこれだけ。驚きですね。
 どうして、こんな数字になってしまうかというと、学校は、土日が休みで、夏休みや冬休みなどの長期休暇があり、遠足や社会見学などの行事があり・・・と、案外 休みだらけだからです。学校は勉強の場というよりは生活の場だと言えそうですね。